永久カレンダー機能について


                 いわゆる 「別表検索」 ではなく完全に関数による表示ですので祝日に変更が無い限り何千年先でも表示します。

     [ 戻る ]

                          永久カレンダー機能についてご案内致します。


  @ 2007年(平成19年)1月1日施行の国民の祝日に関する法律に準拠しています。

  A 国民の祝日(元日、成人の日、建国記念の日、春分の日、昭和の日、憲法記念日、みどりの日、こどもの日、海の日、
    山の日、敬老の日、秋分の日、体育の日、文化の日、勤労感謝の日、天皇誕生日)は
    いつの年のカレンダーでも自動表示します。 


  B 成人の日は1月の第2月曜、海の日は7月の第3月曜、敬老の日は9月の第3月曜、体育の日は10月の第2月曜に設定。 


  C 「国民の祝日」が日曜にあたるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日(振替休日)
    とします。 


  D その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(但し「国民の祝日でない日に限る)は、休日とする。
     例:祝日(水曜)、平日(木曜)、祝日(金曜)と並ぶ場合は木曜日を休日とします。


  E 春分の日、秋分の日は毎年の変更を予測し自動表示します。
    (但し、天文観測の結果に左右されるので、異なる事となった場合は、ソフトの使用者が変更できるようにプログラム済み)

  F 2019年5月の改元は発表され次第対応致します。2019年限りのGW10連休は使用者が対応可能です。