賃金・在老年金・高年齢雇用継続給付金の併給調整計算 Excel soft


  1. 社員が60歳到達以降は、@賃金 A在職老齢年金 B高年齢雇用継続給付金(ハローワーク) の三つを
    同時に受け取れる対象者になります。

  2. 60歳以降は、@賃金の決め方次第でAとBが増減し社員の実質年収に影響すします。

  3. 会社が頑張って賃金を多めに設定するより控えめにした方が社員の年収が増えるようなケースもあります。

  4. 調整計算方法を知った社員は少ない上、良く知った人でも一つの答を出すのに20分〜30分かかります。

  5. 専門家もこの計算で報酬はもらえない上に、給料を千円単位で変更しながら最適な答を出すのは途方もない
    時間がかかりすぎて不可能に近い。(年金事務所では対応してくれません)

  6. このソフトを使えば新入社員であっても簡単に短時間で最適な賃金を計算できる。

  7. 毎年の基準額変更はソフトを使う人の手で簡単にできる。





下のリンクをクリックすると画像での見本を表示します。




                賃金・年金・高雇の併給調整  Ver1.0その1
  

                                     (3つに分かれてリンクしていますが、実際には統合された1本のソフトです。)

                賃金・年金・高雇の併給調整  Ver1.0入力画面       



                賃金・年金・高雇の併給調整  Ver1.0その2





                       戻る                       ⇒お問い合わせ